軽減税率対策補助金対応 POSレジ導入サポート

レジ導入費用に対して最大「3分の2」にあたる補助金支給!

消費税10%が2019年10月1日から適用されると同時に、軽減税率制度が開始されます。
そのため、商品により消費税8%のものと、消費税10%のものが混在することになり、消費税8%と10%に対応したレジが必要になります。
2019年9月30日までに軽減税率に対応したレジを導入すると、補助金を活用することができます。

当店では、タブレット(iPad)にて操作する低価格なPOSレジをおすすめしております。

費用および補助金概算

月額利用料

※レジシステムを利用するためにはインターネットに接続する必要がありますので、それらの通信費は別途必要です。

初期費用(例)

通常19万円のところ、補助金適用で7万円の負担で導入可能!

費用補助率補助金額

タブレット

4万円

1/2

2万円

レシートプリンタ(ドロア付)

6万円

2/3

4万円

設置経費

9万円

2/3

6万円

合計

19万円

12万円

補助金を活用可能なお客様

食料品(消費税8%)とそれ以外の商品(消費税10%)をお取り扱いのお客様の場合、軽減税率対策補助金が適用される可能性があります。
その他の条件もありますので、詳しくはお問い合わせください。

「消費税軽減税率まるかわりBOOK」より引用

補助金申請手続きを代行します

当店は、「軽減税率対策補助金 代理申請協力店」として登録済みです。
お客様の代理として、補助金申請手続きを代行致します。
なお、申請完了から補助金の振込まで、約2~2.5ヶ月ほどかかります。